「国際モダンホスピタルショウ2019」出展、戦略的RPAモデル『Mighty Checker EX』の展示デモを実施

2019/7/19

 レセプト点検ソフトを中心とした医療機関の経営改善ソリューションを開発・提供する株式会社Ubicomホールディングス(本社:東京都文京区、代表取締役社長:青木正之、証券コード:3937)の子会社、株式会社エーアイエス(本社:東京都文京区、取締役社長:上野直、以下「当子会社」)は、7月17日〜19日にかけて東京ビッグサイトで開催された「国際モダンホスピタルショウ2019」に出展しました。

 同展示会では、日本全国15,000件を超える医療機関ユーザー様の声と当社グループの技術力を集結し、AI検知を含めた戦略的RPAモデルとして昨年秋にリリースした当子会社の最上位レセプト点検ソフト『Mighty Checker EX』のデモンストレーションを行い、従来製品「Mighty Checker PRO」にて好評のユーザビリティを更に進化させ、業界初の独自機能を搭載した同製品をご来場された多くの医療機関関係者の皆さまにご体験いただき、大きな反響をいただきました。

 同製品は医療業界における人材不足の解消と、働き方改革を目的に、直観的でわかりやすい操作性を実現している他、経営改善を推進する自動分析ツールや過去データの学習によってチェック精度を向上させるAI機能等により、レセプト(診療報酬明細書)請求業務の効率化と質の向上の両立を支援します。こうした製品訴求力を活かし、また、今後同製品の更なる横展開を加速すべく、当子会社は大手グループ病院との直接取引を推進しており、既に複数の売上高トップクラスの大規模医療グループ内病院においてご導入いただいております。

 昨今の「レセプト審査の厳格化」「働き方改革」を背景に、医療現場では定型業務の自動化・効率化が求められており、当社グループはこのような社会ニーズをいち早く捉え、今後もレセプトソフトにおけるリーディングカンパニーとして、医療機関経営の必需品となる革新的な医療ソリューションを提供するとともに、更なるサブスクリプションモデルの積み上げによる収益力アップを目指してまいります。

<開催概要>
■名 称:国際モダンホスピタルショウ2019
■会 期:2019年7月17日(水)~7月19日(金)
■会 場:東京ビッグサイト 南展示棟・会議棟
■テーマ:健康・医療・福祉の未来をひらく ~世代と国境を越えた豊かな共生を目指して~
■主 催:日本病院会、日本経営協会(後援:総務省、消防庁、外務省、厚労省、経産省、東京都他)